九州・長崎・五島の特産“五島うどん”の産直・通販「五島手延うどん協同組合」

麺匠伝統の味「五島手延うどん」や五島の特産品を産地直送。

Header Image

「五島手延うどん」の特長

コシが強く、滑らかで喉ごしのよい食感

五島うどんは、島の特産である食用の椿油を塗布しながら、棒状の生地を2本の箸にかけて引き延ばしては束ねる作業を繰り返して紐状の細い麺にしていきますが、この過程でしっかりと熟成を重ねたあと、乾燥させます。この伝承の技を受け継ぐ麺匠の腕によって、コシが強く、切れにくい五島うどん特有の麺へと仕上がります。 白磁のように艶〈つや〉があり、プルンと滑らかな食感と、麺自体の持つ豊かな風味と椿油が調和して、シンプルでありながらも、奥深い味わいを引き出しているのが、最高品質を誇る五島うどん最大の特長です。


麺匠のこだわり 其の壱 何度も重ねる熟成が命

うどんづくりは、小麦粉と水、海塩を混ぜ合わせる「練り上げ」に始まり、足踏みで生地を延ばし、いくつもの工程を経て、棒状から紐状へと麺を徐々に細くしていきます。その手間暇かけた工程の中で、何度も生地を熟成させます。
これこそ、五島手延うどんの命です。

五島手延うどん「波の絲」


麺匠のこだわり 其の弐 島の名産・椿油を使用

生地を延ばしていく過程で、麺同士が付着しないように使用しているのが、五島列島特産の食用椿油です。椿油はオレイン酸を豊富に含有しており、麺の酸化を防ぐ効果があるともいわれています。

五島列島特産の椿


麺匠のこだわり 其の参 あごだしとの相性は抜群

秋風が島に渡る頃に漁の最盛期を迎えるあご(飛魚)を炭火で焼き、乾燥させて作る焼きあごは、コクのある上品な「だし」へと生まれ変わります。あごだしと五島うどんとの相性は抜群! 上五島の豊かな風土がはぐくんだ極上の逸品といわれる理由が、そこにあります。

あご(飛魚)



  • 五島うどんの歴史
  • 手延干し麺の定義
  • 手延うどんの製造工程

このページをお友達にご紹介いただけませんか。
五島手延うどん協同組合では、島人が悠久の昔から営々と受け継いできた「手延べ」の伝統技を日本中の皆様にお届けしています。